伝統文化に触れる京都の旅

美味しい食べ物を最高の景色で

京都旅行では美味しいものは欠かせません。中でも私が一番に楽しみにしているのが懐石料理です。一流の料亭でもランチを選べば数千円で超一流の味が楽しめます。オススメは祇園のお店で、どこの店もハズレがなくまた器などもとても凝っていて素敵です。日本料理ほど器の形や絵付けにバリエーションがある料理はないと言います。また季節ごとに旬の食べ物が出てくるのも、同じ店を利用しても毎回違った味わいが楽しめるのが楽しみです。夏は涼しい鴨川べりの川床も最高の景色です。食後は京都のならではの抹茶スィーツのお店へ。パフェなど洋風メニューも抹茶のほんのりした苦味が引き立てます。

古都ならではの老舗でお買い物

京都といえば千年の古都、市内には100年以上の歴史を持つお店がたくさんあります。まず伺うのは錦市場の有次へ。包丁やおろし金など職人さん手作りの台所用品を買います。その後は八坂神社前の和装小物のお店、かづら清。ここの椿油は顔にも体にも髪にも使える万能オイルで、なくてはならないアイテムです。このお店には他にも柘植の櫛やかんざしなど、髪の毛を彩るグッズがたくさんあってお気に入りです。少し足を伸ばしてお茶の老舗一保堂は百貨店にも多数出店していますが、本店の雰囲気はタイムスリップしたかのようなゆったりしたものです。

冬になったら京都に精通しているタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう